営業活動情報

●2019.7.4 経団連会館にて
「モノづくりコンファレンス2019」を開催しました。             ご来場誠にありがとうございました。 2019/07/04 更新

●シカゴ事務所について

Honeywell様、ANSYS様、FANUC America様などを訪問いたしております。

米国でのマニュアルの英文ライティングから始まり、世界中に向けての約30言語程の翻訳作業を行っていければと考えております。

当然のことながら、MMS(e-manual)の導入も積極的に進めてまいります。

また、この都度、米国企業に対して既に製品として完成している「Grace Vision ver1.2」を公開したところ、想像以上の大反響をいただき、米国での販売に対して確信を持った次第であります。Grace Visionは、日本国内はもとより米国でも特許申請済みであります。

シカゴ事務所は、出来るだけ早い時期に「米国法人へ移行」を考えております。既に、米国での責任者の選定も済んでおります。その責任者候補は新卒入社から数えて7年目の米国生まれの米国育ち、米国の国籍をも持つ若手のホープであります。今後は、この者を中心に人員の充実を図り経営してまいります。

米国では、MMS(e-manual・Grace Vision)、MOS(マニュアル制作)を中心に業容を拡大させて、米国株式公開市場「NASDAQ」の上場を目指してまいります。

●GraceVisionの販売について

Grace Visionは、商品として完成しており、既に1社の大手メーカー様への販売・納品も済んでおり、納品から2か月以上過ぎておりますが稼動の経過は順調のようであります。また、更に追加の御注文のお話しも頂いております。

AIを使用してのマニュアルづくりの、「作り方とその考え方」では、すでに特許も下りております。今後のマニュアルは、このGrace Visionでの「支援」の下で進むのと確信しております。

Grace Visionは、「AIマニュアル」にとどまらず、AIによる「作業支援システム」であります。

人の行動のすべてのシーンや人の抱える問題解決の場面で確実に「役に立つツール」に成りえると確信しております。

マニュアルを超えた発想で精力的に販売してまいります。

●MMS(e-manual)の参加企業状況について

MMS(e-manual)の参加企業数は、昨年の12月に於いては「16社」でありましたが、今年の3月末に於いては「26社」と、3ヶ月で162.5%の社数となりました。

まだまだ、認知され始めですので、1社あたりの売り上げとマニュアルの冊数はメーカー1社の中では平均3%にも満たない状況であります。グレイスの社名も売れ始めましたので、ここからは一気にメーカーの各部門(商品ラインごと)の参加を促してまいります。

●MOS(マニュアル制作)の顧客獲得状況について

マニュアル制作の業務は、当社の主力製品の一つであります。しかしながら、制作業務を無闇に請け負うのではなく、選ばせていただくことにより、品質を一定のレベルで御提供出来るものと考えております。

例えば、

○マニュアルにおいて

抜け、誤訳、誤字、脱字、スペルミスのようなものが公然とまかり通っております。これは、出来るもの・出来ないものを選別せずに安請け合いを行った結果だと思っております。当社では、そのような質のものを世の中に出さないためと、社員の働き方を考えながら請け負わせていただいております。そのような考え方が、各お客様に御支持いただき、お仕事は来るものと考えております。

よって、

MOS(マニュアル制作)の売り上げは毎年、低い伸びで推移いたしておりますが、年々その利益率は反対に上がる傾向にあります。

●新商品の開発状況

ただいまの時点では、いろいろな動きはあるものの、正式に発表させていただく段階ではございません。

ただし、過去にいろいろと実験的に行ってきたことがございます。

例えば、

○翻訳者およびテクニカルライターの派遣

これは、当社で「一定期間の教育」を行い、各種の試験および最終卒業試験をパスした人たちだけを派遣します。(以前は、派遣会社様の協力の下で派遣しておりました)

当社の「教育済み」ですから、一般の派遣会社の「約、倍の金額」で派遣を行うことが可能でした。「当社の教育」と「試験」を施された人たちですから、「質」が全く違っていたわけです。

例えば、

一般派遣プライス:@2400/1時間(翻訳者)

グレイスプライス:@5000/1時間(翻訳者)派遣要員には@2400支払い

※将来、フリーランスとして独立希望者に特定のメーカー様で特定の商品マニュアルの翻訳で腕を磨くチャンスを与えていました。

※数年に亘って、10社ほどのメーカー様へ延べ人数約50名程を派遣、約半数の人たちはメーカー様からの熱いラブコールにて正社員として採用されました。

※当社が請負で翻訳業務を御請けすると、1か月あたりの御請求費用は、約150万円程になります。@5000で計算すると、月額80万円でお売りすることになります。

○人手を掛けずに全自動での「操作マニュアル」の作成システム(特許申請済み)

○パーツカタログからのパーツ販売

○インバウンド・サポート(電話件数の削減に伴う成功報酬型のコールセンター)

○マニュアルを中心としてドキュメンテーションの印刷物削減のコンサルテーション

などなど

進捗状況に合わせまして、決定次第、適時開示も含めまして速やかに発表させていただく所存であります。