大学・大学院での教育情報

ただいまの時点では、いろいろな動きはあるものの、正式に発表させていただく段階ではございません。

我が国ではマニュアルのテクニカルライティングや産業・技術翻訳の人員が欧米に比べて極端に不足しております。今、巷では、AIで補えるのではないか、特に翻訳は人がいらなくなるのではないか、という声もありますが、AIがこの先、幾ら発達したとしてもマニュアル本来の文章が稚拙であったり、マニュアルとしての必要項目が欠如していてはAIといえども良い翻訳やマニュアル制作は難しいとしか言えません。

当社としましても、まずは、そのような人員が自然と増えることを待っているだけではダメだと考えており、当社のノウハウを以って「育成の仕組み」を考えております。

例えば、

○各大学と共同で翻訳者、翻訳コーディネーター、テクニカルライター、マニュアルプランナーなどの教育を始める。

○大学および大学院の学生に対する奨学金を給付する。

○各大学および大学院とのマニュアルにおける共同研究を進める。

などなど

進捗状況に合わせまして、決定次第、適時開示も含めまして速やかに発表させていただく所存であります。