マニュアル・コンサルティング

MANUAL CONSULTING

マニュアルには商品や企業に関わる全ての情報が凝縮されているため、マニュアルを制作・マネジメントすることは、企業の体制まで改革することにつながります。私たちグレイステクノロジーが本当に提供したいものは、マニュアルのコンサルティングの先にある、お客様の体制の改革と言っても過言ではありません。

こんなお悩みをお持ちのお客様に最適です

  • 部署内で用語や表記の統一がされていない
  • 部署によってルールが異なり、手直しが多く発生してしまう
  • マニュアルが分かりづらく、問い合わせが減らない
  • 開発者の時間がマニュアル作りに取られてしまう
  • 過去に作成したパーツの管理ができず、修正時に時間がかかる
  • 制作体制を見直し、コストを削減したい

現状分析から実際のマニュアル制作、管理体制の再構築に至るまで、私たちが培ってきたノウハウで全て改革していきます

お客様の現状を徹底分析

内容、制作管理体制、制作費用や日程といったマニュアルにまつわる問題点をあぶり出します

お客様が作成した現状のマニュアルをお借りし、徹底的に読み込みます。また、ヒアリングでのコミュニケーションも行います。商品ユーザーからの問い合わせのログ解析も併用し、マニュアルをあらゆる側面から分析します。また、CEやSEMIなど、非対応だと製品出荷に支障が出てしまう安全規格に、マニュアルが対応できているかも調査します。

実制作前に提案として試作

制作体制を実制作前に整備しお客様のコミュニケーションの癖までも把握します

分析するだけではなく、グレイステクノロジーが考えるお客様にとって理想のマニュアルを「提案」として作成した上で、詳細なお打合せをさせていただきます。当社の制作力を見ていただくだけのトライアルではなく、当社とのコミュニケーションまでシミュレーションできます。

マニュアルの論理構成の再構築

マニュアルの論理構成の構築によって制作コストや日程の短期化を実現します

実制作の初めの工程では、マニュアルの分析により明らかになった内容面の問題点を解決すべく、マニュアルの論理構成(目次構成)を再構築します。このときにマニュアルのデータベース化も見越した上で、マニュアルのあるべき論理構成を作成していきます。論理的な目次構成によって記載すべき内容の漏れがなくなり、コストダウンにつながるマニュアルのモジュール化を実現します。

用語や表現のルール化

用語や表現をルール化して翻訳コストを軽減、さらにスタイルガイドはお客様の資産として利用できます

マニュアルの用語・表記・表現をルール化し整備。1冊のマニュアル内のみではなく、他の商品ラインナップのマニュアル間でも統一した用語や表現で執筆可能となるように、スタイルガイドとして明確化します。

スタイル・デザインの検討

ユーザーにとって使いやすいだけでなく「使い回しの効く」メディアスタイルを完成させます

紙なのかWebなのか組み込みなのか。マニュアルの提供方法により、ユーザーの使いやすさやマニュアルの管理工数だけでなく、商品のブランド力も左右されます。マニュアルご担当部門だけではなく、商品開発や広報部門からも行うヒアリング調査結果を元に、最適なメディアやデザインを構築します。

制作管理体制の再構築

生産や出荷プロセス、マーケティングやサポートまでもマニュアルを導線として改善します

これまでのマニュアルの制作管理体制は妥当だったのか? 人員配置や承認フロー、来期以降の商品のマニュアル作成を効率的に行う体制もご提案します。マニュアルの実制作において整備した「用語・表記・表現」のスタイルガイドは文書化されているため、お客様ご自身で"自立して"マニュアル作成を行うための案内役としてすぐに活用いただけます。また、マーケティング部門やお客様サポートに対しても啓蒙し、その業務フローまでも刷新します。たとえば、e-manualを使うと以下のような承認フローが導入でき、未承認のマニュアルを出荷するようなトラブルを防ぐことができます。

e-manual

よくあるご質問

口ばかりで実行は全て我々がやらされるってことはないか?

このご心配は全く不要です。マニュアルのような目に見える制作物は、概念や理屈を口にしているだけでは一向に改良・改善できません。 制作はもちろんのこと、体制・仕組みの整備・構築もお任せください。 当然のことながら考え方や作成・管理の方法もマニュアル化いたします。 誰が、いつ、ご担当者として着任されても問題なく管理・運用できるようにいたしますのでご安心ください。

結局は高い費用がかかるのでは?

我々の使命は、マニュアルの構成における整備であり、また費用の圧縮と品質の向上であると認識しています。 よってマニュアル作成の「無駄の根絶」を中心に費用面はもちろんのこと、品質面と時間面を考えながら進めて行きます。 決して「高い費用」を必要とはいたしません。むしろ、今の費用の中での捻出を第一優先で考えます。

CONTACT

マニュアル作成や技術翻訳でお困りの方は
お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ (平日 9:30~18:30)

本社(東京)

03-5777-3838

名古屋営業所

052-856-2865
各種サービスのご紹介資料を
無料でお届けいたします

SEMINAR 無料セミナー

マニュアル作成や技術翻訳でお困りの方向けに定期的な無料セミナーを実施しています。

CLIENT LIST 実績表

当社がこれまで手掛けてきたお客様の一覧です。

OUR MANUAL 業務マニュアル

常に安定し、高品質な成果物をお届けするための業務マニュアルをご覧いただけます。