グレイスビジョン

GRACE VISION

マニュアルを読むことも覚える必要もない。AIを使ったマニュアル(GRACE VISION)がメンテナンス現場、コスト削減、技術継承に革命を起こします。

AIがすべてを導いてくれるマニュアル

  • メンテナンスの現場においては、作業員の教育に時間がかかることや、不明点があればその都度マニュアルを確認したり、メーカーに問い合わせを行ったりといった手間が発生していました。グレイステクノロジーではこれまですべての人にわかりやすい、究極のマニュアルを追求してきましたが、長年のノウハウに最新技術を合体させ、生み出したのがGRACE VISIONです。これは、AIを搭載した専用メガネに、AR(拡張現実)を表示し、音声とともに誘導する“完全誘導型AIマニュアル”です。AIと会話しながら、表示されるままに作業することで、誰もが読むことも、見ることも、覚えることもしなくてもメンテナンスが可能になる、革命的なサービスです。


その日の作業や手順もAIと会話しながらスムーズに

  • GRACE VISIONは、搭載されたカメラとマイクでAIが作業者の動作を認識し、ARや音声で指示します。作業員はGRACE VISIONでネットワークにログインした瞬間から、AIの誘導を受けます。作業内容、メンバー、現場までのルート、必要な部材、手順といったことはすべて表示または指示され、それに従って動くだけでメンテナンスが可能です。随時質問でき、間違いも指摘してくれます。マニュアルをめくったり探したりすることなく、誰でもAIのサポートで業務をこなすことができるのです。しかも、あらゆる主要言語に対応させられます。


複雑な形状の部品もAIが正しく認識

  • 高い形状認識性能もGRACE VISIONの大きな特徴です。メンテナンス作業に使用する部品は多種多様で、似ているものも少なくありません。正しい部品かどうかはカメラが即時に判断するので、ピッキング作業の時間短縮につながります。さらに、メンテナンス箇所もカメラのスキャンで各部の形状を認識し、わかりやすく示します。バルブを締める、液体を注入するといったこともカメラを通してAIが認識し、やり方や回数まで表示しながら教えてくれるのです。さらに、別の場所で作業している作業員を呼び出して会話することも可能なので、メンバーの作業進捗の確認など、チームワークを必要とする作業にも役立つでしょう。


作業員のレベルに応じて使い分けられる2つのモード

  • GRACE VISIONは、作業員のレベルに応じてモードを切り替えて使うことができます。詳細な指示が必要な新人には、AIが常に誘導してくれる「オペレーションモード」が適しています。経験があり、指示がなくても作業できるベテランは必要最小限、または誘導不要の「監視モード」で作業可能です。ただし、誘導オフの状態でもAIがカメラを通じて記録・監視を行っているので、ベテラン作業員でも万が一手順に間違いがあったときは、AIが指摘してくれるので安心です。GRACE VISIONがあれば作業員の熟練度に差があっても、レベルに応じた誘導で常に一定のメンテナンス品質を保つことができます。


手間のかかるレポート作成もAIがサポート

  • 作業終了時のレポート作成も、GRACE VISIONならAIに言葉で指示するだけです。AIに伝えれば用意されたテンプレートにデータが書き込まれ、カメラの記録を元にAIが検証し、作業に間違いがなかったかを確かめます。画像の添付もカメラを通じて簡単にでき、できあがったレポートは現場から即時に送信可能。作業の監督者もまた、GRACE VISION上で各々からのレポートを瞬時に受け取り、中身を確認できます。 このように、GRACE VISIONはどんなレベルの、どんな言葉の人でも必要な作業をこなすことができ、作業の効率化やコスト削減、そして技術の継承といったことまで可能にします。


GRACE VISIONはこうして生まれた

  • AIマニュアル「GRACEVISION」について代表取締役社長 松村幸治がお応えします。

  • グレイステクノロジー株式会社 代表取締役社長 松村幸治

    グレイステクノロジー株式会社 代表取締役社長 松村幸治


Q1GRACEVISIONとは何か?(01:24)

マニュアルを読まなくても見なくても、搭載されたAIと会話しながらメンテナンス等の作業を導いてくれる、スマートグラスです。日本語、英語だけではなく、どんな言語にも対応している、誰もが使いやすい究極のAIマニュアルと言えます。

Q2AIマニュアルが、グレイステクノロジーだからこそ実現できた理由は?(02:41)

我々はメーカーから委託されたマニュアル作成において、30年以上の実績があります。マニュアルを知り尽くしているからこそ、設計段階の仕様書と図面を元に、時系列で手順を追って過不足のないマニュアルを書くことが可能です。その上、注意すべき点がどこで、どんな警告を入れるべきかも熟知しています。こうしたノウハウのもと、必要な情報すべてをAIに入力することで、100%誘導型のマニュアルが可能になります。

Q3作業員はGRACE VISIONの誘導に従うだけで良い?(03:50)

GRACE VISIONにログインすると個別のIDで認証され、作業者ごとに体温や脈拍の測定といった健康管理も行います。そして予め入れておいたスケジュールに従って誘導され、手順もその都度指示してくれます。隣にベテラン作業員がいて、サポートしてくれるような感覚です。

Q4作業員のレベルに応じた対応は可能?(05:00)

マニュアルとは知りたいときに知りたいことを調べるためのものです。作業に慣れたベテランであれば知りたいことだけを聞き、新人であれば1から10まで誘導してもらうことができます。

Q5作業員ごとにオペレーションの切り替えができる?(05:38)

そうです。誘導が不要なら監視モードを選ぶことができます。ただしGRACE VISIONに搭載されたカメラで作業は記録されているので、万が一ベテランでも間違えたり、わからなくなったりしたことがあれば、そこでAIが指摘してくれます。

Q6複数の似たパーツでも、形状認識して指示することが可能?(06:25)

メンテナンス作業ではさまざまな部品を使いますが、種類が多く、ベテランでもピッキングに時間がかかることがあります。GRACE VISIONはカメラで該当部材が認識されると、光って教えてくれます。ほかにも、グリースを注入するだとか、バルブを回すといった作業であれば、作業箇所を認識して回数をカウントダウンする、動作が正しいかカメラで監視してOKを出すといったように、対象となる形を認識し、細かな誘導が可能です。

Q7作業者同士の対話や作業の進捗管理も可能?(07:26)

カメラモードに加えて、通信機能を使って上司や仲間との会話が可能です。作業になれていない新人の作業進捗を確認するなど、離れた場所にいる作業者の管理ができます。

Q8レポート作成は?(07:58)

作業はカメラによって自動的に記録されています。すべての作業が問題なく終わったかどうかという確認も、カメラによる記録がAIによって検証されます。それらを利用してレポートをまとめ、送信する機能も備えているので、手間のかかるレポート作成もすみやかに行うことが可能です。

Q9グレイステクノロジーの考えるAIマニュアルの将来性とは?(08:58)

社会に貢献できる点が複数あります。まず、各メーカーが時間をかけて行っている教育を短縮し、作業員を短期間で戦力化できます。言語に制限がないので、どこの国や言語の方でも使えますし、人手不足解消にも役立てばと考えます。カメラによるチェックは、事故防止や歩留まりの向上に役立ち、AIが答えることで、マニュアルに対するメーカーへの問い合わせを減らし、顧客満足の向上につながるのではないでしょうか。そして、カメラでベテラン作業員の記録を残すことによって、技術の継承にも大きな貢献ができたらと考えます。このように、GRACE VISIONは非常に多くの将来性を備えています。

CONTACT

マニュアル作成や技術翻訳でお困りの方は
お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ (平日 9:30~18:30)

本社(東京)

03-5777-3838

名古屋営業所

052-856-2865
各種サービスのご紹介資料を
無料でお届けいたします

SEMINAR 無料セミナー

マニュアル作成や技術翻訳でお困りの方向けに定期的な無料セミナーを実施しています。

CLIENT LIST 実績表

当社がこれまで手掛けてきたお客様の一覧です。

OUR MANUAL 業務マニュアル

常に安定し、高品質な成果物をお届けするための業務マニュアルをご覧いただけます。